air-france-act

より責任あるフライトへの取り組み

民間航空は、世界の世界のCO₂CO₂ 排出量の約2.4%を排出し、気候変動に影響を与えています。 航空輸送は、CO₂排出以外にも気候に影響を及ぼしています。 例えば、水蒸気と煤からなる白い飛行機の軌跡は、それが雲になると温暖化の原因になり得る場合があります。 環境の非常事態に直面し、エールフランス航空はその責任を自覚し、行動を起こしています。

  • 空気質

    目標:2030年までに当社のCO₂排出量を30%削減

    乗客1人当たり1kmあたり、2019年比

  • 燃費を25%カット

    当社の新世代機材

  • 日々の取り組み :

    550トンのペットボトル、ガラス瓶、パック、缶のリサイクル

明日のフライトを共に作り上げましょう

 環境への影響を削減する

2030年までに乗客1人当たり1kmあたりの CO₂排出量を2019年比で30%削減 科学的基準に基づいて検証されたこの目標は、地球温暖化を+2℃以下に抑えるというパリ協定の目標に沿った軌道であることが確認されています。

当社の取り組み ケロシンの消費は、当社のCO₂排出の主な原因となっています。 これらの排出量をできるだけ多く、できるだけ早く削減するために、私たちは3つの分野に注力しています: 航空機の近代化、より持続可能な燃料の使用、さらに環境にやさしい操縦の実践。

より責任ある旅行体験

当社の取り組みのすべてをご存知ですか?

act-logo